横浜で遺品整理をお願いできる会社TOP5!口コミや評判などランキング形式で紹介

早い方がよい?遺品整理を行う最適なタイミングはいつ?

公開日:2021/07/15

身内の方が亡くなってしまったので遺品整理をしないといけないけれど、どのタイミングで行うのがいいのかとお悩みではないでしょうか。今回の記事では遺品整理を行う最適なタイミングについてまとめました。遺品整理を行うときにはトラブルも発生しやすいので、この記事の内容を参考にしてみていただけると幸いです。

親族が集まった四十九日の法要後

遺品整理を行うタイミングとして四十九日の法要の後から行う事があります。なぜ四十九日の法要後に遺品整理を行うかというと、親族つまり相続者が集まるタイミングでもあるからです。

遺品整理を行うタイミングというのは、同時にトラブルが発生しやすいタイミングでもあります。たとえば故人のものを良かれと思って先に処分していたり売却してしまったりした場合、あなた以外の親族がほしいと思っているものだったというトラブルが起こり得ます。

このように無用なトラブルを未然に防ぐためにも、親族が集まるタイミングで遺品整理を行い、親族同士で相談しながら進めるようにしましょう。また親族がみんな集まれない場合でも、どのように遺品整理を進めるのかだけでもあらかじめ決めておくことでトラブルは回避できます。

遺品整理の対象は家電や宝石類など金銭的に価値のあるものだけに限りません。中には金銭的価値はこれっぽっちもないけれど、故人との素敵な時間を思い出させる特別な物もあるでしょう。遺品整理はただ部屋を片付けるだけではなく、故人との大切な思い出を整理するための時間でもあります。そんな時にトラブルを避けるためにも、遺品整理は一人で行わずに四十九日などみんなが集まるタイミングで行いましょう。またその時に形見分けを行うことも多いようです。

故人の公共料金を解約した後

故人がなくなってしまうと電気・水道・ガスなどの公共料金の停止手続きや、故人が契約していたサービスの解約が必要になります。その時にあわせて遺品整理も行うことがあります。クレジットカードの利用停止手続きや年金受給停止の手続きなどはわかりやすいですが、中には故人が契約した各種サービス料金があとから請求されることがあります。

年間契約していて、故人が亡くなってしまったけれど契約自体は自動更新してしまう場合などです。会社によっては後からでも事情を説明すれば支払いをなくしてくれることもありますが、すべての会社が支払いをなくしてくれるわけでもありません。そのため公共料金の解約にともない遺品整理をすることで、これらのサービスの契約書がないかのチェックも行うことができます。知らないうちに契約が更新されていて余計な損失を被ってしまわないようにしましょう。

またそのほかにも故人が賃貸のアパートなどに住んでいた場合、荷物を置いているだけでも翌月以降の家賃が発生するので、できる限り早めに遺品整理してしまうほうがいい場合もあります。ただ月の半ばなど、日数に余裕がないときは無理をせず大家さんや管理人に事情を説明して、遺品整理の準備を進めるようするといいでしょう。

遺品整理が遅くなるとトラブルにつながりやすい

遺品整理を行う明確な期限はありませんが、遅くなるとトラブルが発生しやすくもなります。遺品整理が遅くなることで発生する問題としては、たとえば相続税に関する問題や故人が一軒家に住んでいた場合には空き家問題などがあります。

相続税に関していえば、親族内での遺産分割協議に期限はありませんが、遺産が相続税の非課税額を超えていた場合には相続があることを知った日の翌日から10か月以内に届け出ないといけません。相続税が必要かどうか確認するためにも遺品整理をして、財産を確定させる必要があります。さらに遺産よりも借金のほうが多く、相続を放棄する場合にも手続きが必要で、3か月以内に相続放棄の手続きをしないといけないので注意しましょう。相続手続きに関して遺品整理業者が相談に乗ってくれることもあるので、まずは相談してみてください。

また故人が一軒家に住んでいた場合は、放置しておくと思わぬトラブルにより損失が発生するリスクがあります。というのも何かしらの原因で火事になり近隣の住宅に被害があると相続者に損害賠償金の支払い義務が生じますし、無人の家だとばれると不法投棄をされ、その処理費用が生じることがあるからです。またひどい場合には特定空家というものに指定され、固定資産税が跳ね上がることもあるので注意しましょう。

このように遺品整理が遅くなりすぎると予想外のトラブルにつながるかもしれないので、できるだけ早く行うのが無難です。ただ実は遺品整理には一部の法的な手続き等を除き期日はありません。そのため、期日があるものだけ優先的に処理してしまい、残りの作業は気持ちの整理をつけながら行うのでもよいでしょう。

 

今回は遺品整理の最適なタイミングについてまとめました。一部法的手続きを除き遺品整理に期日はありません。大切なのは残されている人たちの気持ちの整理ができているかどうかです。無理に整理を早める必要はありませんが、この記事が参考になれば幸いです。

横浜のおすすめ遺品整理会社ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
会社名
サービス名
株式会社渡部興業
ライフパートナー
遺品整理プログレスネクストサービス横浜ベスト遺品整理社ココロセイリ
特徴ホームページを見た人は遺品の買取価格10%UPお客さま満足度93%以上常に依頼人の立場に立ったサービスを提供弁護士・司法書士・美術鑑定士などの専門家とも連携優良事業所に3年連続で認定
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧