横浜で遺品整理をお願いできる会社TOP5!口コミや評判などランキング形式で紹介

横浜のおすすめ遺品整理会社ランキング!

横浜で遺品整理をしてくれる会社をランキング形式で紹介!

家族が亡くなると、お葬式の準備などに後を追われてしまいますが、同時に「遺品整理」の対応にも追われてしまうものです。

生前から身の回りを片付けてほしいだなんて、本人には言いにくいですし、かといっていざ片付けるときが来ると、遺族だけで整理するのは、とてつもない時間と労力を要してしまうでしょう。

そんなときこそ、遺品整理の会社を利用すべきです。ここでは、横浜で遺品整理をしている会社をランキングでご紹介しますので、お困りの方はぜひ参考になさってください。

横浜のおすすめ遺品整理会社ランキング一覧!

株式会社渡部興業/ライフパートナーの画像1
おすすめポイント:ホームページを見た人は遺品の買取価格10%UP

株式会社渡部興業が営む「ライフパートナー」は、資格を持つ遺品整理士たちが、即日対応でスピーディに作業を行っている遺品整理事業です。

料金が地域最安水準であることに加え、「ホームページを見た」と伝えれば、利用料金がさらに10%オフになるキャンペーンも実施しているので、遺品整理は贅沢と思っている方でも、利用しやすい会社でしょう。迅速かつ供養も丁寧に行っているので、遺品の問題を悔いなく手早く解決できます。

株式会社渡部興業/ライフパートナーの基本情報

ライフパートナーの強み スピーディかつ親身なサービス!スピードと質の両方を求める方におすすめ!
実績 ・創業15年、お客様リピート率88%!
・月間150組以上対応
・「特殊清掃プロ」で、優良事業所に認定
企業情報 【株式会社渡部興業】
〒224-0024 神奈川県横浜市都筑区東山田町1568-30-2F
TEL:0800-123-5240
申し込み方法・利用方法 お問い合わせは電話、メール
年中無休、24時間受付!

お支払いには、各種クレジットカードの利用が可能。 お見積もりは完全に無料、出張費なし。
遺品整理プログレスの画像1
おすすめポイント:お客さま満足度93%以上の会社

年間実績が5,000件にも上る「遺品整理プログレス」では、遺品を不用品として処分するのではなく、買取査定を徹底し、品物本来が持つ価値を正しく見極めて、高価買取に繋げています。

見積もり後の立ち合いが難しい場合も要望に応えており、最初から最後まで同じスタッフが担当するので、作業内容と要望がズレる心配もありません。

遺品整理プログレスの基本情報

遺品整理プログレスの強み 全国展開の実績多数のサービス!大手業者へと依頼したい方へおすすめ!
実績 ・遺品整理士協会認定の 優良事務所
・ご利用シェアナンバーワン、お客様満足度93%以上(楽天リサーチ調べ)
・年間実績 5,000件以上
企業情報 【株式会社プログレス】(神奈川県)
〒224-0034 神奈川県横浜市都筑区勝田町312-101
TEL:0120-995-164
申し込み方法・利用方法 お問い合わせは電話、メール

相談・見積もり無料、年中無休
ネクストサービスの画像1
おすすめポイント:常に依頼人の立場に立ったサービスを提供

故人の想いを大切にしながら丁寧に遺品整理を行う「ネクストサービス」は、あらゆるサービスをすべて一社でまとめて行う、ワンストップサービスを提供しています。

使わなくなった遺品は、専属の住職がお焚き上げをしており、骨董品や貴重品も、専門の買取業者によって査定が行い、買取金額を伝えたうえでそのまま値引きをしています。

ネクストサービスの基本情報

ネクストサービスの強み ワンストップでサービスを提供!買取を利用したい方にもおすすめ!
実績 ・便利屋.comで優良サイトに認定されている。
企業情報 【株式会社ネクストサービス】
〒227-0007 神奈川県横浜市都筑区荏田南3-1-30
TEL:0120-163-855
申し込み方法・利用方法 お問い合わせは電話、メール

LINEで簡単見積もり
横浜ベスト遺品整理社の画像1
おすすめポイント:弁護士・司法書士・美術鑑定士などの専門家とも連携

創業20年になる「横浜ベスト遺品整理社」は、買取やリサイクルを駆使して、サービスの質を高く維持しながら、料金を低価格で提供している会社です。

弁護士や司法書士をはじめ、美術品の鑑定士に不動産会社といった専門家とも連携しているので、さまざまな切り口から残された遺品や不動産を整理することができるでしょう。

横浜ベスト遺品整理社の基本情報

横浜ベスト遺品整理社の強み 遺品の供養や家屋の解体にも対応!さまざまな依頼をおこないたい方へおすすめ!
実績 ・遺品整理士認定協会に認定された優良事業所
企業情報 【横浜ベスト遺品整理社】
〒224-0034 神奈川県横浜市都筑区勝田町641番地
TEL:0120-39-5602
受付時間:午前8時〜午後8時(年中無休・土日休日も営業)
申し込み方法・利用方法 お問い合わせは電話、メール

お見積もりは完全に無料、出張費なし。
ココロセイリの画像1
おすすめポイント:優良事業所に3年連続で認定

真摯に丁寧な仕分けをすることを自負している「ココロセイリ」では、故人が大切にしてきた品々を、遺品査定士によって丁重に買取している遺品整理会社です。

遺品整理認定協会から3年連続で優良事業所に認定されており、お客さまアンケート調査でも、高い評価を受けているので、安心感を持って遺品整理をおまかせできるでしょう。

ココロセイリの基本情報

ココロセイリの強み 口コミの評判も上々!信頼のおけるサービスを利用したい方へおすすめ!
実績 ・遺品整理士認定協会より優良事業所認定 3年連続取得
・お客様のアンケートの結果「大満足」「満足」の回答率98.7%
企業情報 【ココロセイリ】
神奈川県横浜市港北区新吉田町13-1
TEL:0120-923-469
申し込み方法・利用方法 お問い合わせは電話、メール、LINE

最短当日見積り可能。写真を撮って送るだけ、LINEで簡単お見積り。

【横浜】遺品整理業者一覧

遺品整理・生前整理横浜川崎回収センター

遺品整理・生前整理横浜川崎回収センターの画像

基本情報
住所 神奈川県横浜市中区長者町9-150 ドエル川田ビル1F
TEL 045-243-6715
営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
古物商許可証番号 神奈川県公安委員会第451350005540号
費用 1K 35,000円(税込)~
公式サイトURL
https://www.recycle-land.info/
横浜よろずカンパニー

横浜よろずカンパニーの画像

基本情報
住所 神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰1-41-7
TEL 045-442-5191
営業時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
古物商許可証番号 神奈川県公安委員会第451460003695号
費用 1立方10,000円(税込)~
公式サイトURL
https://yorozu-company.net/
エコゼスト

エコゼスの画像

基本情報
住所 神奈川県横浜市保土ケ谷区狩場町61
TEL 0120-915-995
TEL 047-441-2708
営業時間 9:00~20:00
定休日 年中無休
古物商許可証番号 神奈川県公安委員会 第451460004636号
費用 お問い合わせ下さい。
公式サイトURL
https://www.wisest.jp/ihin.html
アメイジー株式会社

アメイジー株式会社の画像

基本情報
住所 神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-13-10-107
TEL 045-624-8272
TEL 043-301-6714
営業時間 お問い合わせ下さい。
定休日 お問い合わせ下さい。
古物商許可証番号 神奈川県公安委員会 第451450016922号
費用 1K 60,000円(税込)~
公式サイトURL
http://www.amazy.co.jp/
株式会社エコロ・ダイレクト

株式会社エコロ・ダイレクトの画像

基本情報
住所 神奈川県横浜市港北区大倉山1丁目33-1-1
TEL 045-542-8561
営業時間 11:00~18:00
定休日 日・月曜日
TEL 045-542-8561
古物商許可証番号 神奈川県公安委員会許可第451330003985号
費用 お問い合わせ下さい。
公式サイトURL
http://ecoro856.com/
リサイクルショップ楽市

リサイクルショップ楽市の画像

基本情報
住所 神奈川県横浜市港北区小机910-1
TEL 045-473-6477
営業時間 10:00~18:30
定休日 火曜日
古物商許可証番号 神奈川県公安委員会許可第451930002105
費用 1K 30,000円(税込)~
公式サイトURL
http://ihinseiri-yokohama.com/
遺品整理本舗横浜

遺品整理本舗横浜の画像

基本情報
住所 神奈川県横浜市港南区日限山二丁目1番33号
TEL 0120-600-036
営業時間 7:00~18:00
定休日 日曜日
古物商許可証番号 神奈川県公安委員会 第451410011893号
費用 お問い合わせ下さい。
公式サイトURL
https://ihinseirihonpo-yokohama.com/
株式会社CLEAR

株式会社CLEARの画像

基本情報
住所 神奈川県横浜市神奈川区神大寺2-20-8
TEL 太陽光発電・風力発電システム設置工事販売
TEL 045-413-1180
営業時間 24時間受付
定休日 年中無休
古物商許可証番号 神奈川県公安委員会 第451380008724号
費用 1K 30,000円(税込)~
公式サイトURL
https://clearclear.info/
武松商事株式会社

武松商事株式会社の画像

基本情報
住所 神奈川県横浜市中区山下町105
TEL 045-681-4376
営業時間 お問い合わせ下さい。
定休日 お問い合わせ下さい。
古物商許可証番号 神奈川県公安委員会第451310001187号
費用 お問い合わせ下さい。
公式サイトURL
https://www.ecocle.net/relic/
合同会社マスタープラン

合同会社マスタープランの画像

基本情報
住所 神奈川県横浜市南区宿町3-54-6 ボヌールドウエマ103
TEL 045-325-9281
営業時間 9:00~20:00
定休日 年中無休
費用 1K 25,000円(税込)~
公式サイトURL
https://mastarplan.jp/
横浜ありがとうサービス

横浜ありがとうサービスの画像

基本情報
住所 神奈川県横浜市磯子区磯子2丁目29番30号
TEL 0120-572-123
営業時間 9:00~21:00
定休日 年中無休
古物商許可証番号 神奈川県公安委員会第451330004470号
費用 1K 30,000円(税込)~
公式サイトURL
https://123ihin.com/
株式会社Pany

株式会社Panyの画像

基本情報
住所 神奈川県横浜市鶴見区岸谷1-20-24
TEL 050-6876-9652
営業時間 24時間
定休日 年中無休
古物商許可証番号 神奈川県公安委員会 第451330004470号
費用 お問い合わせ下さい。
公式サイトURL
https://ecosoukai.xyz/

遺品整理をしたいものの、実際に着手する前に、効率よく、かつトラブルなく進めるための知識を身に着けておくと、滞りなく進行することができるでしょう。ここで解説する遺品整理の情報に目を通し、実践でぜひお役立てください。

遺品整理と生前整理の違い


遺品整理と生前整理の違い
生活していく中で、家具や家電、食器など、ものはどんどん増えていきますが、増やす機会よりも減らす機会の方が、もしかしたら少ないのではないでしょうか? そして溜め込んだものの数々は 一度にまとめて処分する、という方もいらっしゃるでしょう。

そんな不要なものを一気に減らす機会として挙げられるのが、持ち主がいなくなったときに行う「遺品整理」です。そして、これともうひとつ、「生前整理」というものがありますが、ここでは、これらの整理方法の違いについて説明させていただきます。

遺品整理の意味

遺品整理とは、その名のとおり、亡くなった方の「遺品」を「整理」することで、これは主に家族が取りかかるのが一般的でしょう。この遺品整理は、故人と同居していた方であれば、まだ容易ですが、離れて暮らしていた場合だと、遺品の処分を誰がどうするか、話をまとめなければなりません。

遺品整理は、故人が生前使用していた衣類や食器類まで、すべてのものを整理しなければならないため、その量は膨大なものとなるでしょう。遺品整理は、故人の没後に行うこととなりますが、片付ける側の都合や気持ちなどもあり、時期はそれぞれ異なります。

生前整理の意味

生前整理は、生きている間に自分の荷物を自分で整理整頓し、必要があれば処分する行為となります。しっかり片付けていたとしても、これまで手に入れた品物の数々は、今後必ずしも必要となるとまでは、言えないものも多かれ少なかれあるでしょう。

自分の残された人生を見据え、いるもの・いらないものをキッチリ分けて整理しておくと、心残りが減り、不安な気持ちが解消されて、晴れやかに残りの人生を過ごしやすくなります。

注意点を挙げるならば、今後の人生において必要となるものまで捨ててしまわないことです。必要なものをうっかり捨ててしまうと、再購入してしまう事態になってしまうので、よく考えてから判断してください。

終活の一環として、生前整理をする方も見られますが、そう急いで手をつけるものでもないでしょう。時期的にいつ頃がいいかというのは、特にはないものの、少なくとも体が元気なうちに着手してください。

遺品整理と生前整理のやり方において大きな違いまではいかないかもしれませんが、少なくともどう整理するかを判断する立場に関しては、変わってしまいます。また、生活必需品などは生前整理の段階だと捨てることができないので、それらも含めて処分できるのは遺品整理のステップに入ってからとなるでしょう。


・遺品整理が苦にならないように生前整理で身の回りを整理整頓しておこう!

遺品整理の料金相場と平均作業時間


遺品整理の料金相場と平均作業時間
故人の所有物を遺品整理会社に依頼する場合、作業時間や料金相場などの目安が、どれくらいになっているのかをチェックする必要があるでしょう。とはいえ、家の広さによって、料金や相場は変わってしまうので、それぞれチェックしておきましょう。

1R・1Kの料金相場と時間

まずは、一人暮らしの方が主に利用する、 1R・1Kの場合から見ていきましょう。

料金相場:5万~8万円
作業人数:1~2人
作業時間:1~3時間

高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれかと思いますが、あまり人手や時間をかけなくても、作業は早めに終わることがわかります。

2LDK・3DK・4Kの料金相場と時間

もう少し広い、 2LDK・3DK・4Kの場合だと、以下の内容となっています。

料金相場:17万~20万円
作業人数:3~7人
作業時間:3~10時間

当たり前ですが、広さや人数が増えるに従い、1R・1Kよりも料金相場や人員、作業時間などが増えていることが、おわかりいただけるでしょう。

4LDK以上の料金相場と時間

では、 4LDKクラスとなると、どれだけ内容が変わるのでしょうか?

料金相場:25万円~
作業人数:4~10人
作業時間:6~15時間

さすがにこの広さだと、人手も料金も時間も、それなりにかかります。広くなるにつれ、ものは増えやすいですし、それにともない作業する手間がかかってしまうのは、否めないでしょう。

部屋の広さ以外の料金の決まり方

遺品整理の料金の決め手となるのは、広さだけではありません。荷物の多さももちろんですが、ほかにもさまざまなポイントから、料金は決まっていきます。それは上がりも下がりもするでしょう。

1 荷物の量

やはり単純に荷物の量が多いと、料金が高くなるのは必然となるでしょう。多ければ多いだけ、作業時間が伸びますし、運搬する際に車両を追加する必要が出てくるためです。

2 処分品の種類

整理する遺品の中には、資産価値として高い貴金属や骨董品、まだ動く電化製品など、売ればそれなりの金額が見込めるものが多いケースだと、遺品整理料金から、その買取分の料金を値引きをしている業者も少なくありません。

ただし、リサイクルショップやフリマ、ネットオークションなどで、さらに高値で買い取ってもらえるケースもあるため、その方法でうまくいけば、さらに費用を節約することができるでしょう。

3 オプションサービス

遺品整理には、単純にものを片付けるという以外の、イレギュラーな事態もつきものなので、オプションサービスを用意している会社は珍しくありません。依頼すれば、もちろんオプション料金が加算されてしまいますが、素人ではどうしようもないことを、テキパキとこなしてくれるのが、専門会社の仕事でもあるので、どうしても無理な作業があれば、おまかせするようにしましょう。

ちなみに主なオプションサービスですが、消臭・消毒、ハウスクリーニング、エアコンの取り外し、仏壇・遺品供養、害虫駆除、特殊清掃、車・バイクの回収または廃車手続き、相続の相談、原状回復リフォーム、家屋の解といった内容になっています。

清掃系は素人だと限界がありますし、書類系は手続きがなかなかスムーズに進まなかったりと、自分たちだけで背負うには限界を感じてしまうこともあるので、そのような場合に利用するといいでしょう。

4 建物や道路の状況

たとえば、マンションやアパートで作業する場合だと、エレベーターの有無や、部屋がどの階にあるかによって、料金が決まることがあります。戸建の場合だと、家の前の道路に、荷物を運び出すためのトラックを駐車するためのスペースがなければ、作業にかける時間が長くなってしまうので、料金は高くなるでしょう。

遺品整理の時間や料金は、さまざまな要因から決まるので、同じ部屋の広さでも、相場の振り幅は大きくなっています。もし遺品整理をするとしたら、どんな点で料金が高くなるのか、身の回りを確認するようにしましょう。


・どのくらいの料金になるのかを計算して予算を決めておこう!

遺品整理を依頼するメリット・デメリット


遺品整理を依頼するメリット・デメリット
自分たちで遺品整理するのではなく、あえて専門会社に依頼することには、一体どんなメリットがあるのでしょう? また、それとあわせて、デメリットも理解しなければ、トラブルに発展することもありえます。

ここでは、遺品整理の依頼における、メリットとデメリットについて、詳しく解説したいと思いますので、それぞれしっかりチェックしておきましょう。

【メリット】

まずは、メリットの方から見ていきましょう。

1 時間の節約ができる

遺品整理など、家中を遺族が一気に片付ける作業は、自身の生活と並行して行うこととなるため、すべて完了するまでに、長い時間がかかってしまいます。それが賃貸ともなれば、家賃を支払う義務もあるため、なるべく早く整理するに越したことはないでしょう。

そこで業者に依頼すれば、整理には早くて数時間~1日、またかかっても2~3日以内には片付けがすべて終わるので、時間を大いに節約でき、次月分の家賃を支払うリスクもなくなります。

2 自分1人ではできないこともやってもらえる

タンスや冷蔵庫といった大型の荷物を、家の外に持ち出すのは容易ではないでしょう。業者なら、必要な人数のスタッフが来てくれるので、大型であっても持ち出しが可能です。また、処分方法が難しいようなものでも、専門会社はその道のプロなので、気軽におまかせできるでしょう。

3 間違えて処分する可能性が減る

遺品整理会社は、依頼人の要望を無視して自己判断で処分するようなことをしていません。引き出しの中身も確認したうえで、残すか処分するかを決めるので、誤判断による処分をする可能性は低いでしょう。

【デメリット】

それでは、デメリットはどんなものがあるのでしょうか?

1 自分で遺品整理するよりも費用がかかる

遺品整理会社は、短い時間の中で、必要なものとそうでないものを分別し、不要品の処分も行います。限られた時間の中で作業を完了させるには、相応のノウハウを持った人手も必要となるため、自分で遺品整理するよりも、費用が高くなってしまうでしょう。

ゴミの処分料は、安く見積もって数万円、高ければ数十万に及ぶこともあります。

ですが、遺族だけで遺品整理するとしても、ゴミの処分料やリサイクル家電の改修費用、交通費などがいずれにせよ発生し、さらにその作業に時間も費やさなければならないため、費用がかかってでも短時間で作業を終わらせることができる遺品整理会社に依頼した方が、効率的なのも事実です。

2 気持ちの整理をつける時間が取りづらい

遺品整理を依頼することで、作業は短時間で完了するのは、大変大きなメリットです。とはいえ、故人の残した品物の数々をひとつひとつ確認し、思い出に浸る余裕はないでしょう。

ですが、遺品整理会社によっては、残したい場所には着手せず、あとで整理できるよう選択できるよう配慮しているケースもあります。今はまだ、故人との思い出を大切にしながら片付けたい、という場合は、そのように臨機応変に対応できる遺品整理会社だと、都合をつけやすいでしょう。

遺品整理の依頼には、時間と労力といった負担を大きく軽減することができますが、デメリットは基本的に金銭面がメインとなります。とはいえ、仕事を休むなど、自分の時間を犠牲にして作業をすることは限界がありますし、あっという間に作業が終わることによって、早々に肩の荷が下りることで、気持ちも切り替えやすくなるでしょう。


・デメリットが問題ないレベルなら依頼してメリットにあやかろう!

遺品整理を頼むときの流れ


遺品整理を頼むときの流れ
実際に遺品整理を依頼するとして、ただ頼む前に、なにか準備しなければならないのか、立ち会いは必要なのか、といった不安がつきまといます。ここでは、遺品整理会社に依頼する際に、どんなポイントに気をつけるべきなのか、必要な情報をまとめてご紹介させていただきます。

電話やメールで問い合わせをする

はじめて遺品整理をするので、何をどうすればいいのかわからない、という場合、ひとまずは相談してみましょう。この問い合わせの段階で確認しておきたいポイントは、以下になります。

・遺品整理の料金や流れを知る
・どの会社がいいのかの判断
・自分で調べて見つけた会社は信頼できるか
・現地調査の候補日のスケジューリング

それぞれの遺品整理会社の作業スケジュールを知ることで、自分の方も予定を組みやすくなります。また遺品整理会社は、優良企業ばかりではないのも現状なので、相談の際に強引な方法をとったりしないか、相談の際に判断しましょう。

現地調査と見積もり

遺品整理会社への支払い方法は、現金やクレジット、銀行振込といった方法が用意されており、遺族の要望に対応できる体制をとっています。

ですが、まとまった金額を一度に支払わなければならないのも事実なので、いつでも支払いを済ませられるよう、まとまった金額を用意しておくようにしましょう。なお、見積金額よりも若干余裕を持って用意しておくことで、予定外の費用が発生した場合に備えることができます。

ちなみに、現地調査をせず、電話対応のみで見積もりをとったり、見積依頼の段階で契約を結ばせるような遺品整理会社には注意してください。このような会社だと、作業当日に予定外の作業を行って、追加料金を請求するケースがあるため、もし無理強いをしてきたら、ハッキリ断りましょう。

契約

作業内容と見積もりに目を通し、しっかり比較検討したうえで、自分たちの条件にもっともあう業者と、契約を交わしましょう。

作業

指定日時に、遺品整理会社のスタッフが現地訪問し、仕分けや梱包、搬出に清掃といった作業に取りかかります。

作業当日の大まかな流れとしては、まずミーティングから始まり、作業の流れと注意点の確認をとっていきます。集合住宅であれば、エレベーターなどの共用部分を保護し、傷をつけないよう搬出する準備をしなければなりません。

遺品の仕分け・処分品の分別では、可燃や不燃、一般廃棄物といったように処分するものを分けていきます。そうして遺品の梱包や搬出をしたあとは、現場の清掃に取りかかることとなるでしょう。

すべての作業が終わったら、問題がないかどうか、依頼人が現場をチェックします。

支払い

以上の工程まで終わったら、所定の費用を支払い、すべて完了となります。

なお、作業当日までの準備として、見積書を改めて確認し、お金を用意するほか、清掃の際に必要な電気や水道も、使える状態にしておきましょう。遺品創作や触ってほしくない場所、処分せずにとっておきたいものなど、希望する作業内容も伝えておくと、トラブルを回避しやすくなります。


・遺品整理の流れを知って計画的に作業を進めよう!

遺品整理会社の選び方


遺品整理会社の選び方
実際に遺品整理会社を選ぶとなると、料金やサービス内容、作業時間など、比較するポイントがいくつもあって、選ぶのが難しいように感じるかもしれません。しかし、ここで紹介するポイントを押さえておくことで、どの会社にするか選びやすくなるでしょう。悪徳業者にうっかり相談してしまうのも恐いですから、そうならないためのコツも説明させていただきます。

遺品整理士の在籍

この業界には、「遺品整理士」という資格を保有するプロフェッショナルが存在しているのを、ご存知でしょうか? この資格は、一般社団法人遺品整理士認定協会が発行しており、資格取得を目指すにあたり、遺品整理の業務や心得について、2ヶ月程度の講座を受講してから、遺品整理士として認められた者だけが、認定される資格となっています。

しかし、遺品整理会社には、その資格を保有するスタッフが在籍することなく、営業しているケースも珍しくありません。そういった現状の中で、遺品整理士という資格をあえて持たせているということは、利用者にとって信頼できる企業であることを示していると考えられるでしょう。

見積もりをしっかり出してくれる

見積依頼をする際に、まずは現場の状況を実際に見たうえで見積もりとっているのか、確認してください。訪問見積もりを頼んでも応じないような会社は、作業当日に追加請求をするおそれのある、悪徳業者である可能性が高いでしょう。

このようなトラブルを避けるには、現場の作業内容を正確に会社側に確認してもらうようにしてください。

家や家財などの状況を知らせるには、電話やメールだけでは限界があります。どれだけ手間でも、現地調査をしたうえで見積もりをとる方が、誤判断のリスクを大幅に減らすことができるでしょう。

また、遺品整理を行う家から、なるべく近場にある会社を選んでください。というのも、依頼料には交通費も加算されるため、近場の会社の方がその分の費用を安くすることができます。会社のサービスエリアから外れた場所だと、出張費が高額になってしまう可能性があるので、依頼する物件から近いのは、どの遺品整理会社なのかを、チェックしておきましょう。

丁寧な対応

遺品整理会社が、誠実な企業であるかどうかを知るには、肝心なところで丁寧な対応ができているかを知っておくと、見極めやすくなります。

まず電話対応や見積もりの際に、スタッフの言葉遣いや服装などがキチンとしていたり、ホームページ上の説明と食い違っていないかを確認してください。気になることがあれば質問をして、不快感を覚えないか、親切な対応をしているかなどをチェックしましょう。具体的にどんなことをすれば料金が増えるのかも、しっかり教えてくれるようだと、十分な対応と言えます。

資格や届け出はしているか

遺品整理業務は、さまざまなサービスを行わなければならないため、サービスごとに必要となる許可や届出は異なっています。これらの内容を公開している業者は、充実したサービスを提供している可能性が高いでしょう。

なお、不用品の処分には、「一般廃棄物収集運搬許可証」を保有している、あるいは許可証を持つ業者に委託しているといったケースがあります。この許可証の有無の確認は重要で、廃棄物が適切に処分されていないと、依頼した消費者側も罰せられる可能性があるため、確認は怠らない方が賢明でしょう。

以下は必須、あるいは、できればあった方がいい許可や届出です。

【必要な許可や届出:対応サービス】
一般廃棄物収集運搬業許可:廃棄物の処理
古物商許可:遺品などの家財の買取
一般貨物自動車運送事業許可/貨物自動車運送事業の届出:形見分けの配送など
(配送時に運賃が発生する場合)

【あると安心な許可や届出:対応サービス】
遺品整理士:遺品整理
遺品査定士:不用品の買取
事件現場特殊清掃士:特殊清掃
生前整理技能Pro1級

これらを保有しているか、ホームページなどで必ず確認しましょう。

実績や口コミがある会社か

たとえば、ホームページで実績や口コミなどが掲載されているような企業だと、遺品整理の作業の経過の写真を掲載していますし、作業でどのくらいの費用がかかったのか、実例も紹介していると、参考にしやすいでしょう。

ホームページでは、スタッフや代表者名、顔写真などが掲載されているかどうかも確認してみてください。悪徳業者の多くは、ホームページ上に顔写真を掲載していないので、大きな判断基準となります。

優良な遺品整理業者かどうかを判断するポイントは、ホームページがあれば、そこからかなり的を絞れるので、以上のアドバイスを参考に、チェックしてみるといいでしょう。


・ホームページは優良か悪徳かを判断しやすいポイントがたくさんある!

まとめ


遺品整理会社を利用するのははじめて、という方も多いでしょうから、今まで利用したことのない、かつ金額が大きく動くサービスを依頼するのは、とても抵抗感があるかと思います。しかし、今すぐ遺品整理が必要な人もいれば、自分や親の死後を見越して生前整理をする人など、それぞれにとって、ここで説明したことは、大きなヒントとなったのではないでしょうか?

しかし実際無事に片付けてもらえれば、一気に気が軽くなるので、それまでは気が重いかもしれませんが、ここでのアドバイスをヒントに、実践で活かしていただければ幸いです。
 

【横浜】おすすめ遺品整理会社ランキングの一覧表まとめ

イメージ1
2
3
4
5
会社名
サービス名
株式会社渡部興業
ライフパートナー
遺品整理プログレスネクストサービス横浜ベスト遺品整理社ココロセイリ
特徴①月間150組以上対応遺族の要望に柔軟に対応遺品整理士などのスタッフが丁寧に作業創業20年で培った柔軟なサービスを提供一点ずつきちんと確認をとって整理・仕分け・搬出
特徴②特殊清掃のプロとして優良事業所に認定再利用可能なものを正しく買取査定さまざまな作業をすべて一社一括で行いお得に地域の特性に応じた片付け方法でサポート遺品査定士が大切に買取
メリット出張費・車両費・見積もり無料遺品整理に関わるさまざまな作業を1社で承る便利屋.comで優良サイトに認定買取やリサイクルでリーズナブルなプランを提供優良事業所として専門の協会から認定
申し込み方法・利用方法電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム・LINE
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

記事一覧

遺品整理を業者に頼まずに自分で行おうと考えているけれど、どのように進めればいいのかとお困りではないでしょうか。実際に遺品整理をしようとしても、想像以上に遺品の量が多かったりしてなかなか作業が ・・・[続きを読む]
遺品整理では多くの遺品や家電を運んだりします。自分で遺品整理しようとしても、時間がかかってしまいなかなか思いどおりには進まないことが多いでしょう。遺品整理に関して悩んでいる時は、遺品整理業者 ・・・[続きを読む]
【詳細】 サイト名:遺品整理・生前整理横浜川崎回収センター 住所:横浜市中区長者町9-150 ドエル川田ビル1F TEL:045-243-6715 遺族が自分だけで故人の遺品を整理するのは、 ・・・[続きを読む]
【詳細】 店名:横浜よろずカンパニー 住所:横浜市旭区鶴ヶ峰1-41-7 TEL:0120-517-510/045-442-5191 近年、遺品整理代行業者への需要が高まっています。さまざま ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社ワイゼストカンパニー 住所:(東京オフィス)東京都港区浜松町2-2-15-2F/(店頭買取・お持ち込み・宅配買取)保土ケ谷区狩場町61 TEL:0120-915-9 ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:アメイジー株式会社 住所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-13-10-107 TEL:045-624-8272 遺品整理では、故人が大切にしていたものを遺族の手で整理してい ・・・[続きを読む]
生前整理を行うにあたり「終活」という言葉が流行り、エンディングノートなんてツールも誕生しました。ですが肝心の生前整理の方法について知らない方も多いのではないでしょうか。今回は生前整理の方法や ・・・[続きを読む]
遺品整理を業者に頼もうと考えているけれど、どういう基準で業者を選べばいいのか、どういうところに気を付ける必要があるのかとお悩みではないでしょうか。今回は遺品整理業者を選ぶときのコツについてま ・・・[続きを読む]
遺品整理をしていて故人が大切にしていた物の処分に困った経験はありませんか?簡単に処分できるものもあれば、処分しづらいものまであるでしょう。今回はそんな疑問を解消できるよう、供養の意味や供養す ・・・[続きを読む]
大事な方が亡くなり、供養の意味を込めて形見分けを行う方は少なくないと思います。ですが形見分けの定義が曖昧で、親族間のトラブルが発生することも…。この記事では形見分けと相続の違いや、形見分けの ・・・[続きを読む]
身内が亡くなった後の遺品整理。実際にどの程度の時間がかかるのか知っていますか?急に訪れる場合もあるので個人で行うと充分な時間が取れないこともあります。遺品整理にかかる時間や自分で行う場合と業 ・・・[続きを読む]
身近な方が亡くなった時に残された遺品を整理する必要があります。そんな時に遺品整理を専門に行う業者に依頼しようかと考える方も多いでしょう。その場合には『遺品整理士』の資格を持った人がいる業者に ・・・[続きを読む]
遺品整理をしていると、思いもよらないトラブルに巻き込まれてしまうことや、故人との思い出の品を雑に扱われて悲しい思いをすることもあるでしょう。また、不当請求や高額請求被害も報告されています。そ ・・・[続きを読む]
遺品整理は、身内や身近な方が亡くなった時に遺族や関係者が行うものです。ゴミとして処分しなければいけないものや、故人との大切な思い出の品もあるでしょう。遺品整理で不要なものが出てきたときの処分 ・・・[続きを読む]